黒ヶ音研究室

スタミナ丼における生卵のスタミナのなさについての幾許かの考察

スタミナ丼ってあるじゃないですか。
あれ食べたんですよ今日。
ラブライブのファンブック買いに行った帰りだったんですけど。

そんで生卵ってついてるじゃないですか。
それって普通かけるじゃないですか。
混ぜるかどうかは別としても最終的には丼にかけるという行為を実施する人が大半じゃないですか。
そんでまぁそこで事件が起きるわけです。

はい。
卵を割るじゃないですか。
当然生ですよね。
で、それをかけるじゃないですか。
するとどうでしょう。
なんということでしょう。
生まれ出ることすら叶わなかったソレは、まるで"立つ鳥跡を濁さず"と言わんばかりの勢いで丼から滑り落ち盆へ。
残されたのは一点の曇りなきスタミナ丼と,盆の上で優雅に泳ぎまわるきみという名の太陽。

あまりの出来事に理解するのに5秒程度かかった僕ですが、理解するやいなやとりあえず爆笑したくなりそれを堪えていたせいで
「ゥッフ......ォウッフッ」というのを繰り返し非常に辛い思いをしたものです。

更に問題は続きます。
パッと見でお盆の上に卵がまるまる浮いている状態は明らかにおかしいです。
店員にしろほかのお客さんにしろ「この人食べ方知らないのかな?」と思われてしまいます。
そんなわけありません。
僕は社会人ですいい加減にしろ。

しかしそこはさすが一匹狼カウンター席。
どいつもこいつも自分のご飯にしか興味がありません。
もし僕の隣のやつが同じことをしていたら確実に僕は噴き出しているはずなのでそれがないということはつまりバレておりません。
それはまさしくシュレディンガーの生卵状態であり、その現象は自身の認識から抹消することで"発生以前の状態"に収束するのです。
要するにティッシュで拭いたということです。

その後、その件の怒りを知人にぶつけたところ、
「それ半分食ってから入れるんだよ(ドヤ顔)」
この有様です。
なるほど、もうお分かりですね。

不親切さ

こってりの場合とかさっぱりの場合とかの食べ方のマニュアルは書いてあるのに生卵のかけかたのマニュアルがありません。
こんなのってわかるはずがありません。

生卵は半分食べてからかけなさいと書きなさい。
生卵は半分食べてからかけなさいと書きなさい。

つまりは僕が言いたいのはそういうことです。


ちなみにアニメメイトで知り合いに遭遇したので「ドゥフフ......ヨォ......」と声をかけたら知らない人です。

2013年2月12日 20:30 Diary

<< ラブライバーの日常2トップページラブライバーの日常3 >>